池袋で質屋を上手に利用する

月末、少々お財布が寂しくなってしまった、急な誘いが、予定外の出費が・・・など急に現金が必要になる時があります。

そんな時は質屋を利用するのも1つの解決策でしょう。

池袋駅周辺には、東口を中心とし、西口や北口駅から徒歩5分以内に多くの質屋が存在しているので、突然、現金が必要となっても、あわてることはありません。

池袋にあるほとんどの質屋では、品物を担保にして融資を受ける質入と、品物を売って現金にかえる買取が行なわれています。

★おすすめリンク⇒須賀質店(五反田本店)アクセス 池袋 渋谷と五反田の質屋 須賀質店

後から返金をして、品物を取り戻すのか、それとも、品物を売却してもかまわないのかという点が、どちらを利用するのかを決める際のポイントであるとも言えるでしょう。

質入の場合は、借りられるお金の範囲は、その品物の価値によって決められ、品物を預けている間は、利子が発生します。

ですから、借りた金額にプラスして、利子も同時に返済しなければなりません。

一般的には、3か月が返済期間となっており、利子は1か月ごとに計算されるようです。

金利は、2.5%から4%と、店舗によって異なりを見せていますので、あらかじめ数件の質屋に確認しておくといいでしょう。

特に思い入れの無いもの、不要なもの、そして手放してもかまわないものは、利子が発生する質入よりも、買取をしてもらうほうがいいといえるでしょう。

品物を質屋へと持っていくと、その場で査定が行なわれます。

査定額に納得すれば、現金で品物の代金を支払ってもらえます。

Comments are closed.

TOP